トップページへ戻る
リトミック 絵本の読み聞かせ 食育 保育設備 安全システム
クラス紹介 今月の献立 各クラスのおたより アクセスマップ
リトミック
(1) リトミックとは?
リトミックは、スイスの音楽教育家であるエミール・ジャック・ダルクローズが大脳生理学に基づいて開発した、音楽に反応して身体を動かし、自己表現をする教育法です。
リトミックは、音楽だけの教育ではありません。音楽を使った子どもの心と身体の調和を図る教育法なのです。

(2) リトミックの効果は?
リトッミックは、即興で演奏される音楽を子どもたちが聴いて感じて考えて、身体全体を動かして表現することで本来持っている様々な力を引き出そうという教育法です。
楽しい音楽を使って遊びながら音楽に反応して感覚を磨くことで、子どもにはとても大切な「よろこび」を体験していただくことになります。
また、聴く→心で感じる→考える→表現することを繰り返し即時的に行うことで、さまざまな能力が育まれ、また日常生活の中で様々な出来事や情報に触れたときに、心で感じて、考えて、表現する・行動することが自然と出来るようになります。

  1. 言語、数、感覚などをテーマにすることで、子どもたちの"自ら発達しようとする力"を援助し、自主性と集中力、自立心と責任感などを育てます。
  2. 音楽に身体全体で反応させることにより、リズム感や音感、反射神経や運動神経などを養います。
  3. 音楽を通じて、自然や生活などいろいろなテーマで自己表現することを学び、豊かな感受性や情操を育みます。
他にも即時反応力、注意力、聴く耳の発達、音楽技能能力の発達、音楽表現力、自己表現力、時間と空間の認識、自発性・積極性、協調性、記憶力、心身(情緒)の安定、創造力、言葉の発達、想像力にも効果があるといわれています。

モーツァルト兵庫駅ナカ小規模保育園では、リトミックを保育の柱として行うことで、心身がバランスよく調和しながら発達することを目指しています。