園の取り組み

CONCEPT

当園では、「リトミック」と「絵本の読み聞かせ」を二つの保育の柱とし、
「食育」にも力を入れ、お子様の心と身体を育ててまいります

RHYTMIC

リトミック

心と身体の調和を図り、自己表現力を養う「リトミック」

リトミックは、スイスの音楽教育家であるエミール・ジャック・ダルクローズが大脳生理学に基づいて開発した、音楽に反応して身体を動かし、自己表現をする教育法です。
リトミックは、音楽だけの教育ではありません。音楽を使った子どもの心と身体の調和を図る教育法なのです。

RHYTMIC

リトミックの効果

リトッミックは、即興で演奏される音楽を子どもたちが聴いて感じて考えて、身体全体を動かして表現することで本来持っている様々な力を引き出そうという教育法です。
楽しい音楽を使って遊びながら音楽に反応して感覚を磨くことで、子どもにはとても大切な「よろこび」を体験していきます。
また、聴く→心で感じる→考える→表現することを繰り返し即時的に行うことで、さまざまな能力が育まれ、また日常生活の中で様々な出来事や情報に触れたときに、心で感じて、考えて、表現する・行動することが自然と出来るようになります。

  • 1言語、数、感覚などをテーマにすることで、子どもたちの"自ら発達しようとする力"を援助し、自主性と集中力、自立心と責任感などを育てます。
  • 2音楽に身体全体で反応させることにより、リズム感や音感、反射神経や運動神経などを養います。
  • 3音楽を通じて、自然や生活などいろいろなテーマで自己表現することを学び、豊かな感受性や情操を育みます。

他にも即時反応力、注意力、聴く耳の発達、音楽技能能力の発達、音楽表現力、自己表現力、時間と空間の認識、自発性・積極性、協調性、記憶力、心身(情緒)の安定、創造力、言葉の発達、想像力にも効果があるといわれています。
モーツァルトこども園では、リトミックを保育の柱として行うことで、心身がバランスよく調和しながら発達することを目指しています。

READ ALOUD

絵本の読み聞かせ

言葉や表現力、集中力を養う「絵本の読み聞かせ」

モーツァルトこども園では、まだ言葉の話せない0歳のクラスから絵本の読み聞かせをしています。
0歳の子どもたちも絵本の読み聞かせを通して絵に対して興味を持ち、また絵の持つ雰囲気や言葉の響きや擬音から様々な刺激を受けています。

READ ALOUD

絵本の読み聞かせの効果

多くの子どもは乳児期に文字を理解する前に言葉を話し始めます。子どもたちは耳から言葉を聞くことで言葉の獲得をしていきます。その中で、聴覚だけでなく、絵による視覚や声のトーンや声色の工夫をした絵本の読み聞かせに触れることによって、多くの言葉とその意味そして表現を覚えます。

絵本を読み聞かせることで、さまざまな知識や知恵、絵本の持つ世界観、道徳や友達との付き合い方や様々なルール、他にも自然の摂理や人間の機微など多岐に渡ったことが学べます。また絵本を集中して聞くことで、集中力が養われ、次のページではどうなるのだろうとワクワクしながら次の展開を想像することで自然と想像力が育ちます。

他にも、絵本の読み聞かせでは、探検をするお話を友達と聞くと、いっしょに探検を実際にしたかのような共通の体験が得られ、また悲しい内容の話では、絵本の中の話に共感し、自分のことのように悲しい気持ちになります。こうしたことを通して感性が育まれ、また、先生が愛情を込めて読むことにより、子どもと信頼関係やスキンシップを育むことも出来ます。子どもの情操にも良く、また情緒の安定にも効果があります。
モーツァルトこども園では、絵本の読み聞かせを保育の柱として行っています。

FOOD EDUCATION

食育

食の大切さを知る「食育」

給食には京都の「京料理 花萬」による日本料理を提供しており、栄養への配慮はもちろん、食そのものへの意識を自然に培ってほしいという思いから、調理実習や調理実演、農業体験などさまざまなイベントを開催して食育にも力を入れております。

FOOD EDUCATION

食育の目的

「京料理 花萬」による、日本料理の技術を生かした給食を提供させていただいており、子ども達の健全な発育に必要な栄養を取るため、バランスのとれた献立を工夫して提供しております。
また、食育は食べるだけではなく知育や徳育、体育と並んで大切な物であるという基本的な考え方を中心にしているため、調理実習や調理実演、農業体験などを通じて子ども達に楽しみながら食材に触れていただき食の大切さを知ってもらった上で食べる喜びを感じてもらえればと考えております。

米の収穫(農業体験)

ブリの解体(調理実演)

梅干しづくり(調理体験)

その他の取り組み

子どもの年齢や発達に適した玩具や、職員が心を込めて作った手作りおもちゃなども用意しており、
日々の生活の中で知的好奇心を育む環境を取り入れています。
外部講師による乳児からのリトミック、3歳からはECCや体操教室など、外部サービスと連携した様々な取り組みも行っております。
また、ご希望の方には夕方の時間に3歳児からECC、4歳児から学研教室を受講していただくこともできますので、
お仕事や子育てなどで忙しい保護者様の負担も軽減していただけます。

安全システム

不審者への対応

入口の門や玄関は電気錠によって鍵をかけていますので、インターホンにて相手を確認してから解錠をしています。
また防犯設備を完備しており、万が一の場合には、セコムの警備員が駆け付けると共に、県警ホットラインにてすみやかに警察に通報します。

県警ホットライン

防犯設備

モニター付インターホン

ICカード・指紋 電気錠

火災への対応

万が一、火災が発生した場合には即座に消防署への通報が行なわれる火災通報装置を設置しています。

消防設備

消防設備

RECRUIT

いきいきと働きやすい環境で活躍してください

当園では、皆様からのエントリーをいつでもお待ちしております。
いきいきと働いてもらえる環境をご用意しておりますので、
やりがいと自信を持ってお仕事に取り組んでいただけます。

幼保連携型認定こども園

モーツァルトこども園

〒658-0015 神戸市東灘区本山南町8丁目3-3

Tel.078-431-3111

Fax.078-431-3101

CONTENTS

ホーム  |  
当園について  |  
園の取り組み  |  
園での生活  |  
入園案内  |  
施設紹介・アクセス  |  
スタッフブログ

↑